グルメ好きの友人が出来ると美味しいレストランが分かります。

Hot Topics
グルメ好きの友人が出来ると美味しいレストランが分かります。

海藻アカモクを乗せた海鮮海かけ丼グルメ

三崎の漁港は、食べ歩きが楽しい漁港ランキングで1位に選ばれました。三崎水産物地方卸売市場食堂が三崎食堂の正式名称です。卸売市場の2階が食堂になっています。コンセプトは産地直食です。三浦半島産の野菜、近海で獲れた魚介類などを提供しています。新鮮でおいしい上、リーズナブルなのが特徴です。木製の椅子と長テーブルが並ぶ、学生食堂のような雰囲気です。

海鮮海かけ丼は、白いご飯に湘南シラス、三崎マグロ、海藻アカモクが乗ったグルメなどんぶりです。アカモクはワカメや昆布のように海底から生える赤い海藻です。生命力が強く約7mまで成長します。血圧、血糖値、コレステロールを下げる健康的な食品です。口に入れるとコリコリと歯ごたえがあり、潮の香りがします。アカモクの下のマグロは、たたきのように細かくなっています。そして、その下にはご飯が見えないくらいシラスが敷き詰められています。人気が高い食堂のため、午後2時頃には、メニューのほとんどが売り切れます。早く行けば、限定メニュー気まぐれ丼、三崎めぐみ丼などが食べられるかもしれません。

三崎食堂への行き方は、京浜急行の特急に乗って三崎口駅で降ります。そこから三崎港方面行きのバスで約15分です。三崎港バス停で降りたら、海沿いに南に歩いて5分です。車の場合はR134、そして26号線をひたすら南下します。近くの有料駐車場に止めます。


Copyright(c) 2017 グルメ好きの友人が出来ると美味しいレストランが分かります。 All Rights Reserved.